ページを選択
「おもてなし規格認証」は、経済産業省が国内のGDPの約75%を占めるサービス産業事業者のサービス品質を「見える化」し、サービス産業の活性化・生産性向上を目的として、2016年8月に創設しました。
顧客・従業員・地域社会の満足度を高めるための、必要な基準を満たすことでマークや登録証または認証書を取得することができます。
認証の取得を通じて、サービス産業事業者の皆さまは事業所が提供するサービス品質を「見える化」することができます。これにより、例えば、サービスを受ける消費者がマークを参考にサービス事業者を選択することができるようになり、マークを持つサービス事業者は消費者に選ばれやすくなることを想定しています。
「おもてなし規格認証」は、従来、目に見えないものと捉えられてきたサービスについて、その品質と、提供のために不可欠なしくみ作りに分解し、複数の観点から測る審査設計が特色です。審査項目は、CS(顧客満足)とES(従業員満足)の理解と徹底、IT活用、人材育成、そして、業務の生産性向上や事業の経営品質向上の確認にも及び、顧客・従業員・社会(地域)の満足を高め、サービスを持続的に発展させ続ける『業務プロセス』を問います。